消火避難訓練

NO IMAGE

10月6日認知症サポーター講習終了後、年に一度の消火避難訓練を行いました。

決してあっていはならない火災ですが、もし起きてしまったら・・・。

お客様の安全誘導、初期消火活動、消防署への緊急連絡等「もしか・・」の時を想定し、それぞれの役割分担を決め、実際に瑞浪消防署の加藤さんにもお越しいただき指導をして頂きました。

毎日このきなぁた瑞浪の中で仕事をしているものの、館内のどこに消火器やAEDが設置されているのか覚えておらず、今回全員で設置場所を確認し、その後消防署で用意してくださった訓練用の消火器で使い方の説明を受け、消火訓練を行いました。

実際に火災が発生した時に、どれだけ落ち着いて行動できるかが問題ですが、そのためには普段からこのような訓練をしておくことがとても大切だと思います。

P1010889 P1010892 P1010896

 

トピックスカテゴリの最新記事